年齢別生活事情

ここでは、年齢別の東京生活を紹介します。決してこの内容であるわけではありませんが、参考にしていただけたら幸いです。

学生

学生の中では、特に地方から出てきた人が一人暮らしをするパターンが多くあります。

東京近郊に実家がある人は、一人暮らしをせずに自宅から学校に通うことが多々ありますが、地方から東京の方の大学来る方は、さすがにそういうわけにはいきません。

そのため、学生の一人暮らしは、主に地方の人が多いとなるでしょう。

学生のため、さほど良い物件に住むのは困難かと思います。

このため、多少の不便は承知の上で済む必要があります。

特に近隣の騒音などが気になるかと思います。地方ですと、夜は静かな状況が多いと思いますが、東京では夜でも音がします。特に、隣人などが騒がしい人であると、それだけで夜に寝られずまいってしまう可能性もあります。

また、住まいが学校近くの場合、学校で友達ができると、その住まいが溜まり場になってしまう可能性もあります。そうなりますと、いざ一人でのんびりしようと思ってもしにくくなる可能性もあります。騒音で周りの人の迷惑になることもあります。

いろいろと問題を抱える学生の一人暮らしですが、それもまた東京という都市での経験ということで、乗りきってもらえたらと思います。



社会人

社会人になれば、一定の収入を得られているものと思います。そのため一人暮らし用の物件も、学生よりかは良い物件を借りられるかもしれません。

ですが、無理に高い物件を借りる必要もありません。程よい物件を見つけて暮らしましょう。

社会人になると、地方から東京へ就職した人の一人暮らしはもちろん、親元から独立したい首都圏に住む人の一人暮らしの可能性もあります。

もともと首都圏にいた人であれば、ある程度頻繁に東京に来ているかと思いますので、大きな問題はないと思います。

地方から来た人は、学生と同じく、さまざまな違いに違和感を覚えるかもしれません。

しかし、慣れるしかありませんので、ある程度の割り切りを持って過ごしましょう。

朝の通勤時間がピーク時に行くようなことがあれば、満員電車で毎日疲弊する可能性があります。多少なりとも時間帯をずらすなどすると良いでしょう。

一人暮らしの場合は日々の生活が重要になります。出来るだけストレスの無い生活になるように工夫をしましょう。

住宅無し社会人

住む場所がない社会人も東京には多く存在します。

こういうとホームレスを想像する人もいるかと思いますが、それ以外にも、漫画喫茶やファーストフード店で深夜を過ごし、日中は働くという生活スタイルをしている人も少なからずいます。

少なくとも働いて収入を得られているのであれば、なんとか生きていけます。いざという時のために、こうした生活スタイルがあるということを頭に入れておきましょう。

生活が困難だと思った場合は、いっそのこと実家に帰ったり、役所に相談するなどしましょう。

老人

主に定年を迎えたような方です。

東京での一人暮らしは店舗などが多くあり、宅配サービスも充実している関係で、地方と比べて過ごしやすくなっています。

また、老人に人気のある観光スポットもいくつかあるため、比較的充実した生活が可能です。

まだ老人にパソコン等が普及しているわけではありませんので、うまく宅配サービスなどを活用できているかはわかりませんが、今後年を追うごとに、パソコンを使いこなす老人が増えていくと思います。

そうした人は、ネットをうまく活用して東京でのんびり一人暮らしが可能と思われます。