煙草事情

東京での煙草事情を紹介します。喫煙者はどんどんと吸える場所が減っております。どこで吸えるのかを事前に確認し、行動するとよいでしょう。

吸える地域が減っている

今の東京の多くの地域で、道端で煙草を吸うのを禁じています。

吸うと、罰金を取られることがあります。

これは、地方から遊びで東京に来て、意識せずに煙草を吸ってしまう人もいるかと思いますが、その吸っている場所が禁煙指定場所であれば、当然罰金が取られることになります。

このため特に道路などの公共の場で煙草を吸うのは控えた方が良いでしょう。



駅の多くで禁煙に

以前は駅で喫煙所や灰皿が置かれ、そこで煙草を吸うことができましたが、最近では灰皿を撤去したり、喫煙所を無くしたりしています。このため、多くの公共機関では煙草は吸えないものと考えた方が良いでしょう。

...飲食店でも分煙、禁煙が増加

飲食店でも分煙や禁煙が進んでいます。

特に分煙店が増えています。このようなお店に喫煙者が集合すると、喫煙可能スペースだけが埋まってしまい、利用が出来ないという可能性も出てきます。

食べながら煙草を吸いたい人は、禁煙でないかどうかを確認し、また、喫煙可能でも分煙の席の多さなども事前にチェックしておいた方が、確実に飲食店を利用できると思われます。