東京のエリア別情報

東京には大きく分けて、東側と西側とに分かれます。もう少し詳しく分けるのであれば、東側、中央、西側となります。

東側は東京23区と呼ばれる区のエリアで、東京の中心はこの場所となっています。

中央は市が中心です。東京でも区以外に、市町村が存在しています。

中央の市は、東京の区に近い事もあり、比較的栄えています。有名なエリアもこの市にあることもあります。

西側は市もありますが、町や村の場合もあります。山の中の事も多く、東京都言ってもちゃんと山や湖があることがわかります。

ここでは、東側、中央、西側、そして島とに分け、それぞれの区や市の特徴を紹介していきます。



東側 23区エリア

東側にある23区をすべてざっくりではありますが紹介していきます。

この東側の区の地域は、区の中でも東部と西部に分かれます。また、西部の中でも中央部とも言える区の中心部分もあります。都心部・副都心部という表現をすることもあります。

ここでは、23区を東部と都心部・副都心部と西部に分け、紹介します。

中央

中央にある比較的有名な市をいくつか紹介していきます。区に隣接している市と、区に隣接していない市とで分類しています。

区に隣接していない方が、都心から離れていることになります。

西側

東京で暮らすといった場合、東京都の西側は東京として考えるべきか迷うような立地です。

奥多摩町が有名で、東京の陸地の中では一番西の位置にあります。

山間部のため、電車もごくわずかの路線しかなく、都心部に向かうのには不便であることも多々あります。

多くの人が想像する東京都は異なり、栄えていない地方と同様の場所を想像しましょう。

東京には多くの島があります。

それらの島は多くが村として、一部は町となっています。

東京の一部ではありますが、東京として認識されることの少ない場所です。同じ東京都いう感覚では理解が出来ないかと思います。他の地域の島と同様のものと考えましょう。

一人暮らしでこのような島に住む事はかなり限定されると思います。

小笠原諸島や伊豆諸島などが有名。

島の名前としては、三宅島や沖ノ鳥島などが有名。